Ch_3 情報技術がもたらす競争優位|『[新版]競争戦略論Ⅰ(by Michael Porter)』読解メモ #6

「[新版]競争戦略論Ⅰ」を読み進めていきます。 [新版]競争戦略論Ⅰ | 書籍 | ダイヤモンド社 過去の読解メモについては下記などを参照ください。 Ch_5 トレードオフ ー 戦略のかすがい|『[エッセンシャル版]マイケル・ポーターの競争戦略』読解メモ #8 - l…

Ch_7 n-step Bootstrapping|『Reinforcement Learning(by Sutton)』を読み解く #2

強化学習に関しては概要の確認やDeep Q Network関連を中心とした論文の解説や実装の確認などをこれまで行ってきましたが、ベースの知識の再整理ということで『Reinforcement Learning(by Sutton)』をまとめていきます。 https://www.andrew.cmu.edu/course/1…

Ch_2 戦略とは何か(後編)|『[新版]競争戦略論Ⅰ(by Michael Porter)』読解メモ #5

「[新版]競争戦略論Ⅰ」を読み進めていきます。 [新版]競争戦略論Ⅰ | 書籍 | ダイヤモンド社 過去の読解メモについては下記などを参照ください。 Ch_5 トレードオフ ー 戦略のかすがい|『[エッセンシャル版]マイケル・ポーターの競争戦略』読解メモ #8 - l…

集合・確率&様々な関数(指数関数、対数関数)|高校数学の演習を通して理解する確率分布と最尤法 #1

機械学習を理解するにあたって数学は必要かという質問はよく聞かれますが、程度によりますが最低限は必要だと答えるようにしています。最低限というのも色々と考え方がありますが、所見としては高校数学〜大学の教養過程の導入(完璧までいかなくてもOK)ほ…

Ch_2 戦略とは何か(前編)|『[新版]競争戦略論Ⅰ(by Michael Porter)』読解メモ #4

以前読んだポーターの競争戦略についての本がわかりやすく非常に参考になったので、新シリーズでは「[新版]競争戦略論Ⅰ」を読み進めていければと思います。 [新版]競争戦略論Ⅰ | 書籍 | ダイヤモンド社 過去の読解メモについては下記などを参照ください。 …

Ch_6 Temporal-Difference Learning|『Reinforcement Learning(by Sutton)』を読み解く #1

強化学習に関しては概要の確認やDeep Q Network関連を中心とした論文の解説や実装の確認などをこれまで行ってきましたが、ベースの知識の再整理ということで『Reinforcement Learning(by Sutton)』をまとめていければと思います。 https://www.andrew.cmu.ed…

Ch_1 五つの競争要因(後編)|『[新版]競争戦略論Ⅰ(by Michael Porter)』読解メモ #3

以前読んだポーターの競争戦略についての本がわかりやすく非常に参考になったので、新シリーズでは「[新版]競争戦略論Ⅰ」を読み進めていければと思います。 [新版]競争戦略論Ⅰ | 書籍 | ダイヤモンド社 過去の読解メモについては下記などを参照ください。 …

Janomeを用いた形態素解析の導入&POSTの処理の実装|Flaskで作る簡易APIサーバー #3

Flaskに関する情報をまとめていきます。FlaskはHTTPアクセスが可能な簡易的なAPIを作成する、Pythonベースのフレームワークです。 Flaskへ ようこそ — Flask v0.5.1 documentation 基本的には上記などのドキュメントを元にした動作確認や、簡単に内容をカス…

Ch_1 五つの競争要因(前編)|『[新版]競争戦略論Ⅰ(by Michael Porter)』読解メモ #2

以前読んだポーターの競争戦略についての本がわかりやすく非常に参考になったので、新シリーズでは「[新版]競争戦略論Ⅰ」を読み進めていければと思います。 [新版]競争戦略論Ⅰ | 書籍 | ダイヤモンド社 過去の読解メモについては下記などを参照ください。 …

Ch.13〜Ch.15&本全体のまとめ|『リーダブルコード』読解メモ #7

コーディングにあたっての指針を示しておければということで、『リーダブルコード』を課題本に設定しまとめています。(基本的に本を片手にご確認いただく前提なので、細かいところの記述は省略すると思います。勝手に解釈した上での要約なので、万が一解釈…

Introduction_新版のための序論|『[新版]競争戦略論Ⅰ(by Michael Porter)』読解メモ #1

以前読んだポーターの競争戦略についての本がわかりやすく非常に参考になったので、新シリーズでは「[新版]競争戦略論Ⅰ」を読み進めていければと思います。 [新版]競争戦略論Ⅰ | 書籍 | ダイヤモンド社 過去の読解メモについては下記などを参照ください。 …

論文で理解するMask R-CNNの概要|論文で俯瞰するSegmentationの研究トレンド #1

当シリーズではセグメンテーション(Semantic Segmentation)の研究トレンドをまとめています。 概論&全体的な研究トレンドの概観④(Cascade R-CNN、CBNet)|物体検出(Object Detection)の研究トレンドを俯瞰する #5 - lib-arts’s diary #1では上記のCascade…

Ch_8 キッシンジャーの対人アプローチと戦術|『キッシンジャー超交渉術』読解メモ #9

課題本として、「キッシンジャー超交渉術」を設定したので読み進めていきます。(国際政治ではなく、交渉術が本書のテーマのため、極力交渉術を中心にまとめていきます。あくまでアメリカ国務長官の立場としての交渉のため視点に偏りがあるかもしれませんが…

Ch.11~12(一度に1つのことを&コードに思いを込める)|『リーダブルコード』読解メモ #6

コーディングにあたっての指針を示しておければということで、『リーダブルコード』を課題本に設定しまとめています。(基本的に本を片手にご確認いただく前提なので、細かいところの記述は省略すると思います。勝手に解釈した上での要約なので、万が一解釈…

Auxiliary Classifier GAN①(概要の把握)|DeepLearningを用いた生成モデルの研究を俯瞰する #1

DeepLearningの生成モデルへの応用に関しては、2014年の"Generative Adversarial Networks"を始めとして、これまで数多くの研究が行われてきています。生成モデルは結果としてわかりやすくインパクトが強いのに加えて、学習にあたっての不安定性の解消の難し…

Ch_7 多国間交渉の難しさ ー 複雑な交渉を組み合わせる|『キッシンジャー超交渉術』読解メモ #8

課題本として、「キッシンジャー超交渉術」を設定したので読み進めていきます。(国際政治ではなく、交渉術が本書のテーマのため、極力交渉術を中心にまとめていきます。あくまでアメリカ国務長官の立場としての交渉のため視点に偏りがあるかもしれませんが…

Ch.9~10(変数と読みやすさ&無関係の下位問題を抽出する)|『リーダブルコード』読解メモ #5

コーディングにあたっての指針を示しておければということで、『リーダブルコード』を課題本に設定しまとめています。(基本的に本を片手にご確認いただく前提なので、細かいところの記述は省略すると思います。勝手に解釈した上での要約なので、万が一解釈…

Word2vecとNegative Sampling|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレンドを俯瞰する #25

言語処理へのDeepLearningの導入をご紹介するにあたって、#3〜#8においては、Transformer[2017]やBERT[2018]について、#9~#10ではXLNet[2019]について、#11~#12ではTransformer-XL[2019]について、#13~#17ではRoBERTa[2019]について、#18~#20ではWord2Vec[20…

Ch_6 ゲームを変える ー 合意・不合意のバランスを形成する|『キッシンジャー超交渉術』読解メモ #7

課題本として、「キッシンジャー超交渉術」を設定したので読み進めていきます。(国際政治ではなく、交渉術が本書のテーマのため、極力交渉術を中心にまとめていきます。あくまでアメリカ国務長官の立場としての交渉のため視点に偏りがあるかもしれませんが…

Ch.7~8(制御フローを読みやすくする&巨大な式を分割する)|『リーダブルコード』読解メモ #4

コーディングにあたっての指針を示しておければということで、『リーダブルコード』を課題本に設定しまとめています。(基本的に本を片手にご確認いただく前提なので、細かいところの記述は省略すると思います。勝手に解釈した上での要約なので、万が一解釈…

引数・返り値とテンプレートによるAPIへの機能追加|Flaskで作る簡易APIサーバー #2

Flaskに関する情報をまとめていきます。FlaskはHTTPアクセスが可能な簡易的なAPIを作成する、Pythonベースのフレームワークです。 Flaskへ ようこそ — Flask v0.5.1 documentation 基本的には上記などのドキュメントを元にした動作確認や、簡単に内容をカス…

Ch_5 現実主義 ー 合意・不合意のバランスを調べる|『キッシンジャー超交渉術』読解メモ #6

課題本として、「キッシンジャー超交渉術」を設定したので読み進めていきます。(国際政治ではなく、交渉術が本書のテーマのため、極力交渉術を中心にまとめていきます。あくまでアメリカ国務長官の立場としての交渉のため視点に偏りがあるかもしれませんが…

Ch.5~6(コメントすべきことを知る&コメントは正確で簡潔に)|『リーダブルコード』読解メモ #3

コーディングにあたっての指針を示しておければということで、『リーダブルコード』を課題本に設定しまとめています。(基本的に本を片手にご確認いただく前提なので、細かいところの記述は省略すると思います。勝手に解釈した上での要約なので、万が一解釈…

Flaskの概要と簡単な動作確認|Flaskで作る簡易APIサーバー #1

ちょっとしたきっかけでFlaskを再度確認することがあったのですが、以前作成した内容が若干動かないなどあったので、情報の再整理も兼ねて情報をまとめていきます。FlaskはHTTPアクセスが可能な簡易的なAPIを作成する、Pythonベースのフレームワークです。 F…

Ch_4 戦略 ー 広い視野からの交渉|『キッシンジャー超交渉術』読解メモ #5

課題本として、「キッシンジャー超交渉術」を設定したので読み進めていきます。(国際政治ではなく、交渉術が本書のテーマのため、極力交渉術を中心にまとめていきます。あくまでアメリカ国務長官の立場としての交渉のため視点に偏りがあるかもしれませんが…

Ch.3~4(誤解されない名前&美しさ)|『リーダブルコード』読解メモ #2

コーディングにあたっての指針を示しておければということで、『リーダブルコード』を課題本に設定しまとめています。(基本的に本を片手にご確認いただく前提なので、細かいところの記述は省略すると思います。勝手に解釈した上での要約なので、万が一解釈…

概論&全体的な研究トレンドの概観④(Cascade R-CNN、CBNet)|物体検出(Object Detection)の研究トレンドを俯瞰する #5

当シリーズでは物体検出の研究トレンドをまとめています。#1ではHOG(Histograms of Oriented Gradient)[2005]からR-CNN[2013]までについて、#2ではFast R-CNN、FasterRCNN、YOLO、SSDについて、#3ではFPN、RetinaNet、M2Detについて、#4ではM2Detの著者実装…

Ch_3 南部アフリカ作戦の成果と巧みな交渉に学ぶ|『キッシンジャー超交渉術』読解メモ #4

課題本として、「キッシンジャー超交渉術」を設定したので読み進めていきます。(国際政治ではなく、交渉術が本書のテーマのため、極力交渉術を中心にまとめていきます。あくまでアメリカ国務長官の立場としての交渉のため視点に偏りがあるかもしれませんが…

Ch.1~2(理解しやすいコード&名前に情報を詰め込む)|『リーダブルコード』読解メモ #1

Pythonのプログラミングについてのシリーズを書いているのですが、Pythonそのものについては#10をもって終了したので、もう少し広い視点でのコーディングについてもまとめておければと思い『リーダブルコード』を課題本に設定しまとめていきます。 O'Reilly …

論文で理解するR2D3の概要|論文で理解する深層強化学習の研究トレンド #3

連載の詳細の経緯は#1に記しましたが、深層強化学習の研究トレンドを論文を元に把握していくシリーズとしています。 #1ではRainbowの後の2018年にDeepMindが発表した"Ape-X(DISTRIBUTED PRIORITIZED EXPERIENCE REPLAY)"について、#2では"R2D2(RECURRENT EXP…