RoBERTa(論文の詳細① Introduction&Background)|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレンドを俯瞰する #14

言語処理へのDeepLearningの導入をご紹介するにあたって、#3〜#8においては、Transformer[2017]やBERT[2018]について、#9~#10ではXLNet[2019]について、#11~#12ではTransformer-XL[2019]について取り扱ってきました。 #13以降では2019年7月にリリースされたB…

マネジメント、マーケティング資産とマーケティング資源、マーケティング部門と他部門との関係、マーケティング倫理|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #12

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE#1ではまえがきと序文について、#2以降では3~4トピックずつ取り扱っています。 #11では国際マーケティン…

RoBERTa(論文のAbstractの確認)|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレンドを俯瞰する #13

言語処理へのDeepLearningの導入をご紹介するにあたって、#3〜#8においては、Transformer[2017]やBERT[2018]について、#9~#10ではXLNet[2019]について、#11~#12ではTransformer-XL[2019]について取り扱ってきました。 #13以降では2019年7月にリリースされたB…

国際マーケティング、インターネットとEビジネス、リーダーシップ、ロイヤルティ|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #11

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE #1ではまえがきと序文について、#2以降では3~4トピックずつ取り扱っています。 #10では実戦とコントロー…

Transformer-XL(論文のAbstractの確認)|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレンドを俯瞰する #12

言語処理へのDeepLearningの導入をご紹介するにあたって、#3〜#8においては、Transformer[2017]やBERT[2018]について、#9~#10ではXLNet[2019]について取り扱ってきました。 BERTリポジトリのサンプル実行の流れ|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレン…

実戦とコントロール、情報と情報分析、イノベーション、無形資産|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #10

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE #1ではまえがきと序文について、#2以降では3~4トピックずつ取り扱っています。 #9では目標と目的(Goals …

Transformer-XL(論文のAbstractの確認)|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレンドを俯瞰する #11

言語処理へのDeepLearningの導入をご紹介するにあたって、#3〜#8においては、Transformer[2017]やBERT[2018]について、#9~#10ではXLNet[2019]について取り扱ってきました。 BERTリポジトリのサンプル実行の流れ|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレン…

目標と目的、成長戦略、保証、イメージと感情のマーケティング|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #9

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE #1ではまえがきと序文について、#2以降では3~4トピックずつ取り扱っています。 #8では経験マーケティン…

【入門者向け】Pythonの基礎文法③ 制御構文(if、for)|Python入門 #4

#1ではPythonを用いたFizzBuzzのコーディングについてまとめました。 入門者の方に読んでみていただいたところ、少し難しかったようなので、#2以降では#1で触れた基本文法をそれぞれもう少し丁寧に解説を行なっていきます。基本的には下記のPythonのドキュメ…

経験マーケティング、財務マーケティング、集中とニッチ、将来予測|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #8

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE #1ではまえがきと序文について、#2以降では3~4トピックずつ取り扱っています。 #7ではダイレクトメール(…

【入門者向け】Pythonの基礎文法② リスト・タプル・辞書|Python入門 #3

#1ではPythonを用いたFizzBuzzのコーディングについてまとめました。 入門者の方に読んでみていただいたところ、少し難しかったようなので、#2以降では#1で触れた基本文法をそれぞれもう少し丁寧に解説を行なっていきます。基本的には下記のPythonのドキュメ…

ダイレクトメール、流通とチャネル、社員、起業家精神|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #7

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE #1ではまえがきと序文について、#2以降では3~4トピックずつ取り扱っています。 #6では顧客志向顧客満足(…

Pythonで実装する微分②(三角関数)|Pythonで実装する高校数学 #4

連載の経緯と多項式関数と三角関数の概要とPython実装は#1で、指数関数、対数関数の概要とPython実装は#2でまとめました。 #3以降では微分について取り扱います。#3では多項式関数の微分について取り扱いました。 #4では三角関数の微分となります。以下目次…

顧客満足、データベースマーケティング、デザイン、差別化|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #6

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE#1ではまえがきと序文について、#2以降では3~4トピックずつ取り扱っています。 #5では顧客志向(Customer …

【入門者向け】Pythonの基礎文法① 四則演算・文字列|Python入門 #2

#1ではPythonを用いたFizzBuzzのコーディングについてまとめました。 入門者の方に読んでみていただいたところ、少し難しかったようなので、#2以降では#1で触れた基本文法をそれぞれもう少し丁寧に解説を行なっていければと思います。基本的には下記のPython…

顧客志向、CRM、顧客|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #5

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE#1ではまえがきと序文について、#2では広告(Advertising)、ブランド(Brands)、B2B(Business-to-Business …

XLNet②(事前学習におけるAutoRegressiveとPermutation)|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレンドを俯瞰する #10

言語処理へのDeepLearningの導入をご紹介するにあたって、#3〜#8においては、Transformer[2017]やBERT[2018]について取り扱ってきました。 言語処理における事前学習(Pre-training)とBERT|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレンドを俯瞰する #3 - lib…

コンサルタント、コーポレートブランディング、創造性、顧客ニーズ|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #4

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE#1ではまえがきと序文について、#2では広告(Advertising)、ブランド(Brands)、B2B(Business-to-Business …

Pythonで実装する微分①(多項式関数)|Pythonで実装する高校数学 #3

連載の経緯と多項式関数と三角関数の概要とPython実装は#1で、指数関数、対数関数の概要とPython実装は#2でまとめました。 #3以降では微分について取り扱います。#3では多項式関数の微分について取り扱います。以下目次になります。1. 微分の概要の復習&二…

変化、コミュニケーションとプロモーション、企業、競争優位|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #3

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE #1ではまえがきと序文について、#2では広告(Advertising)、ブランド(Brands)、B2B(Business-to-Business…

テイラー展開とマクローリン展開①(概要)|オムニバスでまとめる大学数学 #5

当シリーズは大学数学をオムニバス形式で取り扱っていきます。#1、#2では解析学の歴史について取り扱いました。 #3では複素解析(complex analysis)の概要について、#4ではオイラーの公式について取り扱いました。 https://lib-arts.hatenablog.com/entry/mat…

XLNet①(論文のAbstractの確認)|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレンドを俯瞰する #9

言語処理へのDeepLearningの導入をご紹介するにあたって、#3〜#8においては、Transformer[2017]やBERT[2018]について取り扱ってきました。 言語処理における事前学習(Pre-training)とBERT|言語処理へのDeepLearningの導入の研究トレンドを俯瞰する #3 - lib…

指数関数・三角関数とオイラーの公式|オムニバスでまとめる大学数学 #4

当シリーズは大学数学をオムニバス形式で取り扱っていきます。#1、#2では解析学の歴史について取り扱いました。 #3では複素解析(complex analysis)の概要について取り扱いました。https://lib-arts.hatenablog.com/entry/math_la3#3が概要中心となってしまっ…

Pythonで実装する関数②(指数関数、対数関数)|Pythonで実装する高校数学 #2

連載の経緯と多項式関数と三角関数の概要とPython実装は#1でまとめました。https://lib-arts.hatenablog.com/entry/math_Python1#2では同様に基本的な関数について取り扱うにあたって、指数関数と対数関数について取り扱います。以下目次になります。1. 指数…

広告、ブランド、B2B|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #2

課題本として、「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定したので読み進めていきます。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE #1ではまずは本の外観からということで、まえがきと序文について取り扱いました。 #2では80のコンセプト…

複素解析のイメージや概要を掴む|オムニバスでまとめる大学数学 #3

当シリーズは大学数学をオムニバス形式で取り扱っていきます。#1、#2では解析学の歴史について取り扱いました。 #3では19世紀以降の解析学で本格的に利用されるようになってきた複素解析(complex analysis)について取り扱います。以下のWikipediaの記事をベ…

Pythonで実装する関数と微分|Pythonで実装する高校数学 #1

高校レベルの数学は数多くの理工系の分野の基本となり、しっかり理解していると理解していないでは応用力において大きな差がつく分野です。近年流行りの機械学習分野以外でも技術系の多くの専門分野では高校数学の内容を履修していることが必須になります。…

まえがき、序文|『コトラーのマーケティング・コンセプト』読解メモ #1

ポーターの競争戦略の話については#10で一区切りとしたので、次の課題本としては「コトラーのマーケティング・コンセプト」を設定しました。 コトラーのマーケティング・コンセプト | 東洋経済STORE マーケティングに関してはドラッカーのマネジメントにおけ…

「計量時系列分析」読解メモ④(Ch_2 ARMA過程③)|時系列分析の基礎を学ぶ #6

連載経緯は#1に記しました。 #1では時系列データとはどのようなデータであるかやモデリングにおいて重要になる定常過程について、#2ではモデリングにおいてよく用いられるAR、MA、ARMAについてご紹介しました。 #3以降では時系列分析の入門本として評判の良…

Ch_7 継続性 ー 戦略の実現要因|『[エッセンシャル版]マイケル・ポーターの競争戦略』読解メモ #10

本の選定などの経緯は#1にまとめました。 #1〜#6では第Ⅰ部の内容として第1章〜第3章の内容までを取り扱いました。 #7からは第Ⅱ部に入り、#7では第4章の「価値創造 ー 戦略の核」、#8で第5章の「トレードオフ ー 戦略のかすがい」、#9で第6章の「適合性 ー 戦…